Tシャツプリントは安い・早い!クラスTシャツも激安製作!

アートスペースロゴ

メールアドレス

クラスTシャツイメージ


※弊社HPに記載されている金額は全て税込金額となっております。

Tシャツの豆知識

Tシャツは1920年ごろにアメリカの軍の間でアンダーウェアとして利用されていましたが、第二次世界大戦後に下着として着用されていたTシャツを上着を着ずに着続けたことで、アウターとして定着しました。
その後、大学のスポーツ着として番号をプリントしたものがプリントTシャツのはじまりと言われているそうです。
1939年ごろには学生間でプリントTシャツが人気となり学校名や校章のはいったTシャツが売り出されるようになり、大手企業のロゴや宣伝など広告にも広く利用され始めることになりました。その後も1種のコミュニケーションツールとしてロゴ入りTシャツは利用され、大手企業のロゴをパロディしたデザインのTシャツも販売され、現在のクラスTシャツの基礎ともいえるものになってきました。Tシャツはその後も有名人やアーティストなどが愛用したことにより広まり続け、現在では年齢や性別を問わず世界中の人々に愛されるようになりました。

クラスTシャツの歴史

昔は「団結」などの文字だけだったり簡単な絵を印刷するにすぎませんでした。
しかし近年の進化しつづけるプリント技術のおかげにより、今ではパソコンで製作した細かなイラストや様々なメッセージをそのままプリントするなどデザインが大幅に広がりました。
現在では多くのTシャツプリント企業があるので、激安でTシャツを手に入れられることもあり、学生でもより気軽にクラスTシャツを作れるようになったため、学校祭や文化祭などでは必ずクラスTシャツを作るといっても過言ではないくらいまで広まりました。クラスやチームでお揃いのTシャツを着るだけで特別感がでます。加えてひとつの目標に向かい一致団結するということが目に見える形になるので、モチベーションアップにもつながります。
こうしてクラスTシャツは今では学園祭や文化祭・体育祭などでは欠かせないものになってきたのです。
クラスTシャツを作ったことがないという人もぜひ作ってみませんか?

Tシャツの生地

ひとえにTシャツといっても素材や糸、編み方によって生地が大きく異なってきます。

ここでは生地などをご紹介致します。生地をクリックしますと細かな説明が表示されます。

生地の特徴

天竺(てんじく)
天竺
よこ編みの最も基本的な編組織で、正式名称は「平編」です。よこ方向に伸びやすく、軽くて薄いので、広範囲に使用されています。表側の編み目はV時型に、裏側の編み目は半円状に見えるのが特長です。
インターロック
インターロック
編地の表面が滑らかなスムース編み。伸縮性に優れ、型崩れしにくい編み地で、2つのゴム編みを裏合わせにした両国とも表地だけに見える編み組です。
裏毛
裏毛
表は天竺編み目で、裏糸をタオルのようなパイル状に編み込んで浮かせた肌触りのいい生地です。裏パイルともよばれ、吸湿性の高さからスウェット類によくつかわれます。
裏起毛
裏起毛
前述の裏毛編みの黒綿組織を、特殊な加工で起上させたもの。太い線が毛羽立ち、柔らかく、温かみのある手触りに。繊維の間に空気を大きく含むので暖かく保湿性◎
鹿の子
鹿の子
鹿の子は平編の変化組織で、編地の表面に隆起や透かし目を作り、鹿の子のような凹凸の編目柄を表したものです。主にポロシャツ等に使われており、通気性に優れた快適な生地として知られています。平編に比較して横方向への伸縮が少ないのが特長。
ハニカムメッシュ
ハニカムメッシュ
「蜂の巣編」や「ハニーコーム」とも呼ばれる編み方。その名の通り、蜂の巣状の凹凸ある編み目が特徴です。厚みがありつつも肌触りがよく、サラっとした肌触りです。
ポリエステルメッシュ
ポリエステルメッシュ
ポリエステル100%仕様で、薄く、軽く、速乾性に優れた素材です。メッシュの細かな凹凸やスケ感は、見た目も手触りも爽やか。高い通気性が自慢です。
ダブルニット
ダブルニット
表と裏を別糸で同時に編んだ二重のニットです。一重のシングルネットに比べて、腰があり厚くて丈夫です。伸縮性に優れ、型崩れしにくいのが特徴です。

 

平織(タフタ/キャンバス)
平織(タフタ、キャンバス)
三原組織の一つ。たて糸、よこ糸ともに各2本ずつで完全組織を作り上げ、いずれの糸も交互に交錯した織物。摩擦に強く耐久性に優れ、強固さが特徴です。布帛(伸び縮みが起きにくく、型崩れもしにくい)
綾織(ツイル)
綾織(ツイル)
たて糸、よこ糸ともに、各3本以上から完全組織が作られる、三原組織のひとつ。斜めの綾線が特徴。平織りよりも糸の密度を増し、地を厚くすることが出来ます。布帛(伸び縮みが起きにくく、型崩れもしにくい)
朱子織(サテン)
朱子織(サテン)
平滑で強い光沢感があり、智は厚くとも柔らかい、三原組織のひとつ。全体に糸の屈曲は少なく、たて糸、またはよこ糸のどちらか一方のみが表面に現れます。布帛(伸び縮みが起きにくく、型崩れもしにくい)

 

Tシャツを長持ちさせるコツ

お気に入りのTシャツは誰でも長く着たいものですが、生地の伸び縮みやヨレ、色落ちなどは避けられません。ですがそんなTシャツでも少しの工夫でTシャツを長持ちさせることができます。せっかくお気に入りのTシャツやクラス、部活などでお揃いのTシャツを作るのですから、今日から簡単にできる方法でいつまでもキレイなTシャツを着ましょう。

kotsu

1.Tシャツの洗い方

Tシャツを洗う際に一番気をつけたいのは、生地が引っ張られて伸びてしまうことです。一番良い方法は手で押し洗いする方法ですが、かなり手間がかかってしまいます。簡単にできるのは、Tシャツを1つずつネットへ入れて洗濯することです。こうすることで洗濯物同士が絡まって生地が伸びてしまうのを防ぐことができます。襟元を輪ゴムでしばると首元のヨレ防止になるので更に効果的です。また、Tシャツを洗濯する際は必ず裏返して洗濯するようにしましょう。こうすることによって、Tシャツのプリント面が他の洗濯物と擦れるのを防ぎ、プリントが剥がれるのを防止することができます。他にも皮脂や汗の汚れは裏面に多く付着しているので、必ず裏返してから洗濯するようにしましょう。

sentaku

2.Tシャツの干し方

Tシャツをハンガーで干す時は、大きめのハンガーを使用しましょう。もしもそういったハンガーが無い場合はTシャツを二つ折りにして干したり、襟元を洗濯バサミでとめるなどしてTシャツにかかる負担を減らしたり分散させたりしましょう。また、日光のあたる場所で干す際は裏返しのまま干すようにしましょう。日光(紫外線)はTシャツを痛める原因です。せっかくのお気に入りのデザインのプリントやTシャツ本体の色あせを防ぐためにも必ず実施しましょう。 乾燥が終わったTシャツは畳んでタンスにしまうなど、日光や湿気から守ってあげるようにしましょう。こうした一工夫手間をかけてあげるだけでTシャツの持ちがかなり変わるので、クラスTシャツを守る為に今日から早速実践しましょう。

見積もり

今すぐその場で!

激安!
クイック見積もり

大量注文について 法人契約をご希望のお客様
クラスTシャツ

学割あります!

クラスTシャツ

定休日

※在庫がある場合は、4~6営業日でお届けいたします。
※土曜日は製作日になっております。お電話に出られないことがございますがご了承ください。
※メール、FAXは24時間受付しております。

ラインで簡単・安心・即返答
相談窓口メールアドレスとフリーダイヤル
流れ
よくあるご質問
クイック見積もり
ページトップへ