Tシャツプリントは安い・早い!クラスTシャツも激安製作!

アートスペースロゴ

メールアドレス

クラスTシャツイメージ


※弊社HPに記載されている金額は全て税込金額となっております。

イラストレータの使い方~デザインの作り方その1~

デザインの作り方その1のタイトル画像

 オリジナルTシャツを作るとき、できることなら料金を安く済ませたい!とお考えになったお客様も多いかと思います。

 オリジナルTシャツプリント屋さんの場合、リピート割引早割(早期注文割引)などの割引が多いかと思いますが、料金の中にデータ製作代という項目を目にしたことはございませんか?

データ製作代って何?

 自分の考えたデザインでオリジナルTシャツをプリントする場合、デザインをプリントに使用できるデータに起こす必要がございます。jpgやpngなどの画像データはもちろんのこと、wordやexcelのデータも印刷用のデータを作り直す必要があります。
 Tシャツプリント屋さんを探しているときに、データ製作代(1,500円~3,000円くらい)が別途必要と記載されているところを良く見かける方も多いと思います。ほとんどのプリント屋さんはイラストレータのデータ(aiやpsdなど)のデータを使用しておりますが、このデータを製作する作業がかなり大変な作業になります。1色の単純なデータなら簡単なものも多いですが、色数が多くなればなるほど、色が重なる場所のことも考えながらデータを作らなければならないので、複雑で色数の多いデザインになると多くて半日から1日かかってしまう場合もございます。

 弊社ではご注文いただいたお客様にはデータ製作代を無料サービスで行っております。他にもイラストレータのデータ(aiもしくはpsd)でデザインデータを入稿いただいたお客様に対してはデータ入稿割引として、合計金額から1,000円引きのサービスも行っております。どんなに簡単なデザインでも、完全版下データでご入稿いただいた場合は割引を適用させていただいております。

 こちらのページでは、弊社が普段デザインデータを製作している方法をイラストレータの使い方と
あわせてご紹介しておりますので、イラストレータをお持ちで少しでも安くTシャツを作りたい!というお客様はぜひ参考にしてデザインを作ってみて下さい。

 

イラストレータでデザインを作る前に、、、、

実際にイラストレータでデザインを作る前に決めることがございます。

・作りたいデザインを決める

・イラストレータで設定を行う

作りたいデザインを決める

 オリジナルTシャツを作るときには、まずはじめにTシャツのデザインを決めると思います。自分の使いたい用途や季節ごとのイベント、販売するTシャツなどなど様々な用途があると思います。

 

 今回は「夏のイベントなどで着るTシャツを作る」ということで進めようと思います。

デザイン選びのコツ

イラストは手書きでオリジナルイラストを書いても良いですし、自分は絵がうまくなくて、、、なんて人は、ネットなどでフリー素材として使用できる、すてきなイラストもたくさんございますので、そういった中で気に入ったデザインを使うというのもひとつの方法です。 それとデザインを考えるときはあまり細かくない単純なデザインのほうがプリントした商品を見た時にも目立ちますので、迷ったかたにはオススメです。ワンポイントなど小さくプリントをいれようとお考えの方は特に、細かいデザインを避けたほうが良いと思います。

イラストの種類は気に入ったものにすると良いと思います。「学校祭、学園祭にに使用する」「会社のイベントで使うので、会社のロゴをプリントしたい」などの目的があればそれに合うデザインにすればよいです。「好きなイラストをプリントしたい」「オリジナルプリントTシャツを作ってみたい」などであれば、自分の納得するものをプリントすると満足いくオリジナルTシャツが出来上がると思います。

 今回はフリー素材として使える猫のイラストに夏らしい言葉をいれたデザインにします。

デザイン

デザインがきまったら、次はイラストレータを立ち上げて、デザインを作る為の設定を行いましょう。

 

イラストレータの設定を行う

 デザインデータを作るときは必ず実際の大きさでデータを作るようにしましょう。あまりにも細い線や、細かいデザインは製版作業をするときに細かすぎて抜けなかったり、実際にプリントをするときにデザインが潰れてしまう可能性などもあります。

 やっとデザインができたのに、いざ実寸にしてみたら線が細すぎたりして、データを作り直さなければならないなんて悲惨なことにしないためにも、最初に実寸でデータを作る準備をしましょう。

 

弊社でプリントするデザインの大きさはワンポイント(幅10cm×高さ10cm以内)もしくは、

大きめ(幅30cm×高さ35cm以内)になりますので、その大きさでガイドを製作してください。

ガイドの作り方

1.イラストレータのツール内にある「長方形ツール」を選択した状態で、アートボードをクリックするとサイズを入力するウィンドウが表示されるので、幅、高さに自分のプリントしたい大きさを入力して「OK」をクリックする。

長方形サイズ

 

2.作成した長方形を選択した状態で右クリックをすると「ガイドを作成」という項目がでるのでクリックする。長方形が水色の線に変わればガイドの作成は完了です。

ガイドを作成の説明

 

ガイドができたら、プリントしたいデザインの画像をイラストレータの画面内にドラッグし、画像の大きさをガイドに合うように変更します。

ガイドに画像をあわせる

※上記説明では見えやすいようにガイドを赤色で表現しております。

 

変更が終わりましたら画像にロックをかけて動かないようにしてください。

ロックのかけ方

ロックをかけるにはロックしたいもの(画像やパスデータなど)を選択した状態で画面上部メニュー「オブジェクト」→「ロック」→「選択」をクリックしてください。

ロックのかけかた

 もしくは、ロックしたいものを選択した状態で「Ctrl」キーを押しながら数字「2」キーを押すと、同様にロックをかけることができます。

 

以上で、デザイン製作の前にやることは完了です。

次回は実際にイラストをトレースしながらデザインを作っていきます。

見積もり

今すぐその場で!

激安!
クイック見積もり

大量注文について 法人契約をご希望のお客様
クラスTシャツ

学割あります!

クラスTシャツ

定休日

※在庫がある場合は、4~6営業日でお届けいたします。
※土曜日は製作日になっております。お電話に出られないことがございますがご了承ください。
※メール、FAXは24時間受付しております。

ラインで簡単・安心・即返答
相談窓口メールアドレスとフリーダイヤル
流れ
よくあるご質問
クイック見積もり
ページトップへ